アイマグブログ― Hanoi-Cafe/白木 秀幸

imag095.exblog.jp ブログトップ

2015年 09月 12日 ( 1 )

神話の国ツアー


出雲大社、行ってまいりました。


しかし「やまなみ街道」というのができてホント松山から島根まで行きやすくなりましたね。
子供の頃(35年前:笑)家族旅行で松江に行った時はなんせ時間がかかった記憶がありましたが(6時間以上)、今じゃ3時間半~4時間ですよ。時代は流れる。



image

まずは道の駅のレストランで食べた「牛すじの田守り麺(たまもりめん)」。

自家製米粉麺
牛すじ煮込みトッピング

ウチの牛肉のフォーとまんま被るじゃないか。



勝負!負けんどー!

でもこれなかなか美味しかった。なんか「醤油フォー」って感じで。
地元のお米を使ってるそうです。ウチも国産米で麺を作ってますけど、地元の米を使うにはまだ至ってません。刺激をもらいました、感謝。




image

さて人生初・出雲大社!
鳥居から本殿に向かう道が下り坂なのは、全国の神社でもかなり珍しいそうな。普通どこも上っていきますもんね。



image

出雲大社といえば、日本一の大注連縄(おおしめなわ)がある「神楽殿」。
今回ここでお祭りの成功祈願をしてもらいます。
自分も「勝手に関係者」として神事に参加。といっても何やってええのかちんぷんかんぷんですけど。



image

おお。なんか首にかけさせられた。なんかドキドキします。
この後は撮影禁止、てことで写真はありませんが、無事終了。




image

この後は見学コース。非常に詳しい解説つきで、いろいろ見て回ります。


この奥に「本殿」。
国宝ですよ。この歳になると「国宝」という言葉にワクワクしますね。



image

本殿を横から見たとこ。
言い方は悪いかもしれませんが、めっちゃかっこいい。



image

「食物をつかさどる神様」という釜社の仮殿を発見。
飲食業たるもの、ここを参拝せずに帰るわけにはいかんでしょ!てことで、出雲大社特有の「二礼四拍手一礼」で参拝。

もっと旨い料理が作れますように、そして商売繁盛を今年一番の集中力で祈願しました。



さて夜。同行の方の行きつけという「明島」さんへ。


image

日本海の魚、地元の食材、当然愛媛とは違うものも多いはず。
呑みながら食事ではありますが、目は仕事(研修)モード。




image

さっそくきました、のどぐろの煮付け。
適度な脂にこってりした煮汁が絡んでたまらんです。

日本酒もてこい。



image

鰯のつみれ鍋。
つみれも旨いがなんといっても出汁。絶品です。



image

島根のある地方でしか育たない「出西生姜」の天ぷら。
これがもしかしたら今回のびっくりNO.1だったかも。辛味も軽く、香ばしくてサイコーでした。また食べたい。



image

食べ物屋さんハシゴで2軒目。
島根はおでんも旨いんよ、と連れて行かれました。



image

びっくり、えのき一束丸ままのおでん。これが旨い。
島根おでんの特徴は、白いカラシ。辛さ控えめで旨みもあってなかなか良かったです。




image

そして翌朝は酒も残ってなかったので、念願の旅ラン!!
宍道湖のほとりを走りました。


しかし今回の旅はずっと雨。残念な天候だったんですけど・・・
何故か出雲大社で参拝してる時やランニングする時「だけ」は止むんです。不思議。


晴れ男パワーが炸裂したのか、オオクニヌシがわたしに微笑んでくれたのか。いずれにせよ感謝。




image

ホテル→宍道湖北岸→歩道がなくなるとこまで→折り返して南岸→歩道がなくなるとこまで→ホテルで11kmちょい。

めっちゃ快適なランでした。



image

というワケで「出雲大社参拝」「島根の食と酒を満喫」「宍道湖ラン」、いろんなものが一気に叶った今回の旅。
とっても楽しかったです。


また行きたいなあ。それまでモチベーション上げてお仕事がんばります。






[PR]
by imag0950 | 2015-09-12 14:37 | プライベートなこと | Comments(0)

Hanoi-Cafe/白木 秀幸/マスター&シェフ

西条市(小松町)出身。
1999年 松山市二番町にベトナミーズレストラン&バー「Hanoi-Cafe」オープン。
2013年 一番町に移転、現在に至ります。
愛媛にベトナム料理を広めるべく、やんわり奮闘中。


by imag0950
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30