アイマグブログ― Hanoi-Cafe/白木 秀幸

imag095.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

勢いのまま柏島~大岐~四万十をゆく


この夏はほんとバタバタしました。

通常のお仕事もありがたいことに忙しく、それに加え松山まつり・俳句甲子園のイベントに出店するための準備・仕込み・当日営業などなど。
お店を休むことなくすべての業務をこなしたもんですからモー大変。

それに付き合ってくれたスタッフちゃん達(特に明け方まで仕込みしてくれたKAYOKO)、ご協力いただいた関係業者さん、道具を手配してくれた艶吉H太に感謝感謝、であります。



そして、ハッと気づいた。



自分には家族がいたことを(笑)。



この夏、なーーーんにもしてあげてない!忙しさにかまけて。



というワケで・・・



たった一日ですが、謝罪も兼ねて家族サービスで



image
柏島へ!!!
いろいろすまんなぁ~。


実はこの日、天気予報は「曇り→雨」だったんです。
よりによってこんな日に悪天候かい!でもまあせっかくだし行ってみよ・・・と向かったら

晴れ!(●´ω`●)
日頃の行いがいいんでしょう!なんつて。



image

おかげで美しい海が一層マリンブルーに!!めちゃ綺麗~。


こんなに綺麗な海、国内だったら沖縄や小笠原とかに行かないと見れないと思ってたんですけど、松山から車で3時間ちょいで見れる!

スキューバダイビングやってるお客さんから、マスター柏島行ったことないの?そりゃ絶対行っとき!と散々言われてたんですけど、理由がよく分かりました。なんで今まで来んかったんや(笑)!



image

写真のとこは入り江になってて遊泳可(禁止の年もあるようです。行かれる方は自治体に確認を)。

シュノーケルのセットを持ってきたのでさっそくセットしてドボン。
すごい!
の熱帯魚がたくさん!ついでにウニもたくさん(笑)!珊瑚やいそぎんちゃくもいましたよ。



image

対岸の港側は深めなんですけど、この美しさ。
言っときますけど色補正なんざしてません!このまんまの色ですけん感動モンでしょ。




さんざん熱帯魚と戯れた後、さあどうする?って話になったんですけど、もう一箇所どうしても行きたい!と僕がワガママを言って、それをみんなが(しゃーなしで)受け入れる形で、行きました。

柏島から車で約40分。



image

大岐の浜。


柏島とは打って変わって、こちらは延々と続く砂浜&遠浅の海。サーフィンをする人の間では有名なとこですね。
わたしサーフィンはしませんが、ここは好きで何度も来てます。

一回子供達に見せてやりたかったんですよね。



image

ここに来る頃にはだいぶ雲も多くなってきましたが、逆に日差しが和らいで過ごしやすいです。
そして相変わらずの適度に激しい波!何組かの家族連れが腰くらいまで入って遊んでます。




image

超遠浅なので・・・




image

押し寄せる波、引き返す波、両方に弄ばれる我が娘(笑)。


しかしさすがウミガメが産卵しに来る海岸だけあって、ゴミもほとんどなくてホント綺麗なとこです。地元の方々の日頃のお手入れに感謝ですなあ。




image

最後は松山への帰り道、四万十川を通りました。

てことで・・・・・一日で日本トップクラスの「ダイビングの聖地」「サーフィンの聖地」「カヌーの聖地」を制覇したワケです。

いっさいどれもせずに(笑)!



しかし四国南西部は心の癒しを求めるには最高の場所でございました。さあ次来れるのはいつ・・・。





[PR]
by imag0950 | 2016-08-29 14:16 | プライベートなこと | Comments(0)

第19回俳句甲子園


今年もやってまいりました、俳句甲子園!
この大会も今回で第19回。「松山で毎年全国大会が開催される唯一の大会」として、だいぶ知名度も上がってきました。

僕も俳句甲子園に関わらせてもらってはや13年。なが!




image

まずは、全国から集まってきた選手達・引率の先生・審査員の先生・スポンサー企業の方々が一堂に会して「ウエルカムパーティー」。
料理を楽しみながら、各チーム壇上に上がって自己紹介&翌日の組み合わせ抽選。




image

注目の組み合わせが決まるたびに、おおお~~と歓声があがります。
懇親を深めながら、早くもバチバチ火花が散ってます。明日が楽しみ!




image

・・・と言いながら、抽選会の後すぐ仕事→深夜まで働く→お店で仮眠→睡眠時間1時間→早朝に起きて会場に集合。

てことで、フラフラになりながら大街道へ。最後まで立っていられるのだろうか・・・?




image

A~L12会場に分かれて熱い「言葉のバトル」開始!
わたしはC会場の責任者として「眠気とバトル」しながら職務を全うしました!なんつて。




image

「それでは判定!」の掛け声とともに、旗を挙げる審査員の先生方。勝敗が決まる度に歓声があがります。




さて翌日。




image

場所は変わって、この日の舞台はコミュニティセンター。

前日に勝ち抜けた3チーム+敗者復活戦で選ばれた1チームの計4チームが、準決勝・決勝を戦います。
そして今年は初の試みとして、キャメリアホール内で観戦できるのはもちろん、コミセンに入ったロビーでもパブリックビューイングで試合が観れるようになりました。


そして会場の外、コミセン前広場には・・・




image

ウチの店が出店!!

他にも三津浜焼やらから揚げやらカレーやら、美味しそうな屋台がたくさん!
実は、月に2回やってる「きまぐれ市」の飲食店とコラボしてお店を出してもらい、俳句甲子園をもっと面白いものにしよう、というこれまた初の試みなのです。

ウチもお声が掛かって出店したんですけどね。



お陰さまで完売しました。




感謝。




ただ・・・・・




冷たいフォーと生春巻「セットで800円」と書いてますけど




ホントは

900円予定だったんですよね。
書き間違えた!!!涙



まあええか。がんばってる選手達も買いに来てくれたし。今回は大盤振る舞いしときましょ(苦笑)。


image



優勝したのは毎度おなじみ開成高校Aチーム(東京)。

またか、の結果ですが、やはり俳句とディベートのレベルが他を圧倒してるそうです。
僕は俳句のことはまったく分かりませんが、とある審査員の方が言ってたので、そうなんでしょうね。


そんな中、俳句をまったくやらない僕が一番心に残った句は・・・




利口な睾丸を揺さぶれど桜桃忌      東京家政学院高等学校




女子高生が「睾丸」とは。
しかもこの句で開成Bに勝って決勝に駒を進めた東京家政学院・・・おみそれしました。

そんなこんなで俳句好きな人も、俳句を知らない人も楽しめる「俳句甲子園」、無事終了。





[PR]
by imag0950 | 2016-08-24 13:46 | イベント | Comments(0)

松山まつり2016


8月12(金)・13(土)・14(日)の三日間「松山まつり」が開催されました。
当然ウチの店も出店!




image

今年は3日間とも快晴。雨降る気配まったくなし!おかげで暑い!汗




image

品揃えはこんな感じ。
しかし「辛いさつま揚げ」と銘打ったトートマンプラーは、味に納得がいかなかったため途中でメニューから外しました。
大量に仕込んだのでもったいないんですけど、良くないの分かってて売りたくないもんで・・・責任は自分。反省して次へ繋げます。




しかし暑い!!!ε(;´Д`)



テント内で熱中症になりそうなくらい暑いっす。
現に、朝から屋台営業が終わる21:30すぎまで1回もトイレ行かんかったもんね。全身から水分が抜けていく(笑)!



しかもテント裏でちょっと休憩しようと思っても・・・



ウチのテントのとこだけ・・・




image

バリバリ直射日光!!ww

他のブースは快適な木陰なのに~。なんの仕打ちや(苦笑)。



決めた。来年はぜったい業務用扇風機買いますキリッ




image

そんなこんなで、今回の渾身のメニュー「冷たいフォー」。

前の日記にも書きましたけど、本来ベトナムにはない料理です。
暑い時にキンキンに冷やしたものを食べる、というのは、綺麗で冷たい水の出る井戸が多くて、しかもいち早く冷蔵庫が普及した日本ならではの食べ方。世界的にもあまり見ることのない食べ方なのです。

なのでこれは「とっても日本的なフォー」てことになりますね。

ならば、てことで実はこの冷たいフォー、鳥取県産まぐろ魚醤を使っております。

本来、ヌクマムやナンプラー、しょっつるとかの魚醤は「魚と塩」だけで発酵させていくんですけど、今回のまぐろ魚醤は「醤油麹」を使って発酵させてます。
なので風味が醤油に近いので日本人好み、冷たい料理に使っても魚臭くないのが特徴。

冷たいフォーにはぜったいこの魚醤が向いてる、と思ってやってみたらドンピシャ!
「想像通りに味が決まる」ってのは快感ですなあ~。



さて今回の「松山まつり」。踊りの方も盛り上がっておりました。




image

知り合いが多数参加してる「天晴椿連(あっぱれつばきれん)」の踊りだけ唯一見れました。カッコエエですね。
ちなみに我が「一番町珍走団」メンバーのERIちんはこの連のメンバーでもあるんですけど、8/14(日)付けの愛媛新聞にカラー写真で踊ってるとこが載ってます!みんな見たげてね。



そして我が屋台も




image

その珍走団メンバーが手伝ってくれたり、いろんな方々に協力していただきました。
感謝感激雨霰!




image

そして最後は花火でフィナーレ。
松山城と花火のコントラストが感動的でした。



というわけで、本来のお店も営業しながら、両方の仕込みもしながら、様々なトラブルに見舞われながら、うだるような暑さに襲われながら、なんとか乗り越えた3日間。

終わってみればすべていい思い出。すべて経験値アップ。
楽しゅうございました。




※来年は扇風機!笑





[PR]
by imag0950 | 2016-08-16 14:51 | イベント | Comments(0)

松山まつり出店決定


ご報告。


今年も「松山まつり」に出店が決定しましたー!


日程は8月12(金)~14(日)。
この夏も松山・堀之内がアツくなりそうです。みんな来てね。



image

というワケで、松山まつりで出す予定の「冷たいフォー」の試作が続いております。


冷たいフォーなんてベトナムにあんの?と聞かれますが、本場にはありません(笑)。
というかベトナムには冷たーくして食べるという習慣はないようです。せいぜい常温。


なのでこの冷たいフォー、完全にウチの「遊びメニュー」です。
普段はお店で「極力現地の味を再現する」という努力をしてますが、こういうイベントごとではちょっと遊んでもいいかなーーーと。これもリフレッシュ!


・・と、やたら「遊び」を強調してますが、ウチのお店の看板を掲げる以上、いっっっさい妥協はしません。
去年もこのイベントで冷たいフォーを出しましたけど、大幅に変える予定。


「コレ!」と味が決まったら、また報告します~。





[PR]
by imag0950 | 2016-08-06 13:06 | イベント | Comments(0)

国産インディカ米が入手できる時代になりました


ウチの店のお米ですが・・・。


今まではタイ産の香り米、いわゆる「ジャスミンライス」を使ってました。
これが今日本に入ってきてるインディカ米では味・香り共に一番いいかなーと思いまして。

昔、日本でインディカ米は栽培できんのか?できたら国産米やん!と思い立ち、いろいろ調べたことがあるんですけど・・・

日本ではインディカ米は「外来種」という扱いのため、農作物としての栽培&販売は禁じられてるんだそうです。



しかし・・・・・・・



ついに



ついに




image

国産インディカ米ゲーーーッツ!!


お店をオープンさせた17年前はインディカ米なんぞ国内には(少なくとも愛媛には)存在せず、仕方なく日本のうるち米を使ってて、2003年あたりからやっと入手できるようになったのを覚えてます。

それがまさかこんな時代が来るとは!涙が止まらん!笑

厳密に言うと、インドの「バスマティ」というインディカ米と日本のうるち米を掛け合わせた品種で、日本の気候でも(そして法的にも)栽培できる長粒米なのだそうです。
しかもこのプリンセスサリー、農薬や化学肥料を使わない「有機栽培」。ええとこだらけです。



さっそく試食。



image

なぜか卵かけご飯&イカの塩辛。めっちゃ「和」ww




image

KAYOKOも美味しい!と太鼓判です。
「いやーやっぱし卵かけご飯に塩辛のせはええね053.gif」。いや、お米・・・・・まあええか。


値段はとてつもなくお高いですが(汗)、ウチの店のお米関係は


★お米=国産有機インディカ米

★米粉=松山産米を製粉した米粉


・・・という、ますます「出所のはっきりしたもの」になります。
そして今は「国産」ですが、廣川農園さんが今年から東温市で栽培開始。うまくいけば来年からは「愛媛産インディカ米」になる予定!感涙・・・。


いい食材に負けぬよう、自分も腕磨きます押忍。





[PR]
by imag0950 | 2016-08-03 12:12 | 料理のこと | Comments(0)